◉2学期 学年別 成績表(定期試験)◉

【成績のつけ方】

☆学年10位以内の人数(5人を100点とする)
★学年20位以内の人数(10人を100点とする)
♡5科目合計点が平均点以上の割合(100%を100点とする)

☆★♡の合計点 は300点とする。


【成績の評価】

・300点以上(100%以上)…大変素晴らしい。クラス全体の学習意欲及びポテンシャルは非常に高く、伝説の学年(9期生石橋代 10期生藤本鈴木代 12期生道園代 14期生金子宮﨑代)になる可能性がある。

・270点以上(90%以上)…良い。クラス全体の学習意欲及びポテンシャルもある。バランスの良いクラスで今後伸びていく可能性がある。自分に課された使命感みたいなものを持てるようになるとバケるクラス。

・240点以上(80%以上)…普通。クラス全体の学習意欲が高ければ伸びていくし、クラス全体の学習意欲が低ければおちていく。授業ばかりでなく、学級会を開くなどして、生徒たちの意識を高め、個々人の目標を明確にして漠然と塾にくることを避けていく必要がある。

・210点以上(70%以上)…悪い。上位も学習意欲が低く、塾から勉強から逃げがちなクラス。志望校もなければ目標校もなく、ダラダラと定期試験に臨む空気がクラス全体に蔓延している。ある程度の退塾者がでることは大いに可能性がある。無理にでも勉強をやらせる環境をいち早く作る必要がある。


【中1 学年成績】

[前期中間テスト]
☆[学年10位以内]4名…80点
★[学年20位以内]10名…100点
♡[平均点以上]17名/21名…81点

総合点 261点(87%)


[前期期末テスト]
☆[学年10位以内]6名…120点
★[学年20位以内]8名…80点
♡[平均点以上]18名/20名…90点

総合点 290点(97%)



【中2 学年成績】

[前期中間テスト]
☆[学年10位以内]5名…100点
★[学年20位以内]8名…80点
♡[平均点以上]15名/18名…83点

総合点 263点(88%)


[前期期末テスト]
☆[学年10位以内]4名…80点
★[学年20位以内]10名…100点
♡[平均点以上]16名/19名…84点

総合点 264点(88%)



【中3 学年成績】

[前期中間テスト]
☆[学年10位以内]4名…80点
★[学年20位以内]8名…80点
♡[平均点以上]15名/17名…88点

総合点 248点(83%)


[前期期末テスト]
☆[学年10位以内]4名…80点
★[学年20位以内]7名…70点
♡[平均点以上]15名/17名…88点

総合点 238点(79%)


〔講評〕

《中1》
10番内に6名イン!!
中間テスト後の予想通り、10番内は増えましたね。特進クラス内での切磋琢磨が続く限り今回くらいまたはそれ以上の結果が期待できるでしょう。普通クラスも20番内こそあと一歩でしたが、全体的には上昇中です。これからが楽しみです。夏期講習での英語暗記テストの頑張りが英語ばかりではなく、理科や社会にも良い影響を与えてくれています。特に普通クラスは中学生活に慣れるのに時間がかかった生徒が多かったので、クラスの学力の向上及び落ち着いた授業姿勢でさらに伸びていく可能性があるでしょう。懸念材料としては、理科がいよいよ物理の範囲、数学は図形へと入っていく中で、より「理解」を求められる勉強へとシフトチェンジできていくかです。前回と同じ勉強量で構いませんが、解き方を覚えてもアウトプットできるとは限らないことを意識し、根本的な理解を心がけていくことが求められます。


《中2》
10番内こそ前回よりも減りましたが、20番内に10名入ってきたということは、上昇中の学年です。特に普通クラスの意識の変化は中間テスト以降顕著です。切磋琢磨し、伸びていっているクラスです。中間テスト以降常に伸び続けているクラスでまだその勢いはとどまることがないので、次回の後期中間テストも非常に楽しみです。特進クラスはトップの生徒2名が既に夏休み前に期末試験を終えていて、2人のムードに頼りっきりなところもあり、フワッと定期試験に臨んでしまい、ひどい結果となってしまいましたね。クラスのムードも非常に大切ですが、クラスのムード以上に「目標」を持ち行動していくことが大切ですね。秋休み以降特進普通のクラス替えに伴い、両クラスともに新メンバーで程よい緊張感が生まれ、後期中間テストに向けては一番期待の持てる学年ではないかと思っています。数学は「証明」へと突入するので、早めに答案の作成の仕方を身につけていきましょう。毎回数学の学年平均点は40点台前半で、次もその程度になると推測されるので、数学の分析対策が最優先となるでしょう。


《中3》
一見成績下降気味と捉えられるかもしれませんが、前回の中間テストよりも5科目の平均点がアップした生徒は80%以上!!素晴らしい!!ただ、中学校の平均点もアップしているので、順位的には厳しい内容となった。当たり前ですが、定期試験の点数がそのまま内申点に直結するので、学年の半数以上の生徒は定期試験を「受験」として勉強してきますね。数学、英語、理科、社会のほとんどの科目で得点が上昇したので、次回の後期中間テストに向けては国語であと10点ほど狙いたい。テスト内容が予想しにくい先生で、iWorkからもどのように出題されたのかを分析する必要があるので、期末試験の国語解き直し会を実施し、「点数の取り方」を学びとってから勉強を始めたい。例年、平均点が伸びたあとの定期試験は難化するという現象がある(原宿外苑)ので、後期中間テストにむけて、乱高下のある数学・英語・理科は気をつけたい。先生とのコミュニケーションをとり、常にアンテナをはって、準備をしていくようにしましょう。

× CLOSE